こんなに濃い人形展は初めてです。

 

決して広くはないです。

 

でも、江戸〜大正時代の日本人形や、100年以上前のフランス人形、
小さい人形も合わせると100体はあったと思います。
(実際に数えたわけではないので間違っていたらごめんなさい。)

 

とにもかくにも、

 

月恋姫様をはじめとする人形作家様の作品の数々を、
触れられるくらい間近で、
(しかも、ラッキーなことにほぼ貸切状態で)
じっくりと時間をかけて、
見ることができるのは、ここだけではないでしょうか?

 

私は他で経験したことがありません。

 

私は小心者なので (笑)、
後ろに待っている人がいたり、
常駐のスタッフさんに近くで見張られている(ような気がする)と、
本当はもっと見たいのにそそくさと移動してしまうんです。

 

でも今日は、
本当に、とことん
人形とアートを堪能しました。

 

人形には魂が宿るともいいますが、
展示されている人形が発するエネルギーは、
私のエネルギーも吸い取られそうなほど、
凄まじかった。。。

 

あくまでも私個人の感想ですが、
一見の価値はあると思います。

 

ハンス ベルメール球体関節人形展」は
9月4日まで開催されているので、ご興味がある方は是非!

I’ve ever seen fulfilling doll exhibitions like this before.

 

Venue is not big.

 

But there are at least 100 dolls including Japanese and French dolls which are over 100 years old.

(I didn’t count them, so if could be wrong.)

 

Anyway,

 

I think this is the only place where I can see art dolls by various famous artist such as Tsukikoihime,

as close as you can touch,

for as long as you want, without any interruption.

(I was so lucky that I almost had the place all by myself. )

 

I never have experienced anywhere else.

 

Because I’m a bit timid (lol) ,

I can’t take my time seeing dolls

when someone is waiting behind me

or if there is a security staff watching me.

 

But today,

I truly enjoyed seeing dolls and art.

 

Some say dolls have souls.

Energies coming from the dolls were

so strong.

I felt like they take my energy too.

 

It’s my personal impression about the exhibition,

but it worth it to see if you can.

 

The exhibition is being held in Tokyo until September 4.